プロフィール

弱音P(めじぱ)

  • Author:弱音P(めじぱ)
  • ・曲を作ったり小説を書いたり絵を描いたりする人です
    ・提督で審神者でラブライバー
    ・お仕事の依頼等は下記アドレスまでお願いします。
     mejipa@jcom.zaq.ne.jp

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

めじ薔薇さまの日常
日々の出来事をつれづれなるままに書いています。コメント、トラックバック等大歓迎です♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本一!!!!!!!!!!!
ファイターズ優勝!!!!!!!!!!!!!!!!!

3戦目を勝ったあたりから、ここで途中経過を日記に書いたら運気が変わるんじゃないかと縁起を担いで優勝が決まるまで更新を控えていました(笑)
書きたいことはいくらでもあるのですが、まずこれだけは。

新庄、お疲れ様!!!そしてありがとう!!!!!!!!!!

ではスポーツニュース見ながら祝杯に戻ります~(笑)
スポンサーサイト
個人ラージヒルが終わって
※注:今日の日記はいつもと雰囲気が全く違います。ネタもギャグも一切ないのでスポーツに興味のない方は面白くないかと思います。たまにはこういう日記も書くよということで(笑)


只今ジャンプ個人ラージヒルが終わりました。岡部選手8位入賞おめでとうございます。1,2位は別格としても3位とは2本合計で6~7mの差、最後の団体戦に期待が持てる内容だったと思います。葛西選手も2本目は素晴らしいジャンプだったと思います。
私がスポーツ観戦をするときに気をつけているポイントとして、今期の世界ランキングというのがあります。例えば世界ランク10位の選手がいたとすると、その選手は3位だった大会もあれば20位だった大会もあるわけです。その積み重ねとして平均を取ったものが世界ランクなわけで、自分のランク以上の順位になればそれは調子が良かった、健闘したということなのです。その意味で今回のジャンプだと岡部選手はW杯ランク11位、葛西選手は18位なので、8位・12位に入ったのは本番で実力を出して健闘した結果だと思っています。
ところが日本のマスコミは先ほどの例で言うとたった1回取った3位だけを見てこの選手はメダル候補だと騒ぎます。そしてメダルが取れないとやれ惨敗だのやれ本番で実力が発揮できない日本人だのと騒ぎ立てます。そしてスポーツに詳しくない一般の視聴者はそれを真に受けて残念だの失望だのという気持ちになってしまっていると思います。
そしてマスコミは自分達の希望通りの結果にならないとすぐにルール改正で日本人叩きをしたと外部に責任をなすりつけようとします。本来日本のジャンプ陣は技術力が他国よりも高いのが特徴だからルールの改正にはいち早く対応できていたはずなのです。それをルール改正で不利になったから順位が落ちるのはしょうがないというような論調・空気になったことが一番の問題だったと思っています。
スポーツというのは年々技術が進化します。ジャンプにしても15年前にはV字で飛んでいた選手はほとんどいなかったわけで、その新技術をいち早くマスターしたことで日本は札幌五輪以降の低迷期から世界のトップクラスに復帰することができました。日本が今勝てていないのは他国の技術の後追いをしているからです。筋力の違う欧州選手と同じ技術で飛んでも日本人にフィットしないのは明らかです。日本がこれから行うことは外国人の過去の名声のコーチを呼んで外国の技術の後追いをすることでは決してなく、日本が新しい技術を開発することです。個人的には今回岡部選手が復活した原動力にもなった斉藤コーチを全日本のヘッドコーチに据えるくらいの改革を期待しています。現行のルールだから身長の低い日本人が勝てないということは決してありません。

最後に、今回のトリノ五輪のジャンプはまだ最後に団体戦が残っています。特に岡部・葛西の両選手には集大成のジャンプ、期待しています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。